ツノダNEWS

ツノダNEWS 日々のお知らせや人事労務関連トピックスを配信します
ブログやFacebookもぜひご覧ください!

2019.07.31

お知らせ 最低賃金東京では1000円超え 三鷹市・武蔵野市・西東京市・小平市の社会保険労務士

厚生労働省の中央最低賃金審議会では2019年度の最低賃金(時給)の目安を全国平均で27円引き上げ、901円にすると決めたとのことです。

全国平均が900円を突破するのは初めてであり、都道府県別の最低賃金では、東京と神奈川が初の1000円超えとなる予定です。

都道府県別の引き上げ幅は、東京などAランク6都府県が28円、京都などBランク11府県が27円、群馬などCランク14道県と福島などDランク16県は26円。予定通りに改定されると、最高は東京の1013円、次いで神奈川の1011円、最も低いのは鹿児島の787円となります。

例年、大半の都道府県では10月1日からの変更となります。
※都道府県単位で変更日が違います。金額についてもまだ予定ですが、ほぼこの金額で決定されていることが多いです。

そのため月末締めの翌月支給の会社様では10月勤務分の11月支給給与から新最低賃金が適用されます。

尚、パート・アルバイト等の雇用契約書・条件通知書については、最低賃金以下の時給の場合は自動的に引き上げられ最低賃金が適用されるため、契約書等を新たに締結しなおす必要はありません。
================

ツノダ人事多摩オフィスは三鷹市・武蔵野市・西東京市・小平市・府中市などの近隣エリアはもちろんのこと、立川市など中央線沿線の武蔵野・多摩エリア全域や、都内23区内に対応しています。労働問題、人事トラブルは特定社会保険労務士資格のあるツノダ人事にお任せください。

固定残業代(みなし残業代)導入、固定残業代の適性化のお手伝いはもちろんのこと、給与計算代行、給与計算アウトソーシングなど、お困りのことがございましたらお気軽にツノダ人事までお問い合わせください。

1577
関連キーワード:keyword
  • 社会保険労務士事務所 働き方改革 固定残業代 みなし残業代 定額残業代 未払い残業代 給与計算代行 給与計算アウトソーシング 就業規則 就業規則変更 社会保険手続き 労働問題 人事トラブル 小売業 飲食業 サービス業 医療介護 三鷹市 武蔵野市 西東京市 小金井市 小平市 府中市 立川市 吉祥寺 国分寺

ページトップに戻る