人事労務Q&A

人事労務Q&A 「こんなときどうするの?」「何からしたらいいの?」
よくいただくご質問、お悩みをQ&A形式でご紹介します

  • すべて
  • 給与計算
  • 社会保険
  • 就業規則
  • 労働問題

労働問題

休日や勤務終了後に行う任意の研修は勤務時間になるのか

業務命令ではなくあくまで自主的に、または勉強の機会を与えただけであれば勤務時間として扱う必要はありません。

Q、休日や勤務終了後に行う任意の研修は勤務時間になるのか

A、業務命令ではなくあくまで自主的に、または機会を与えただけであれば勤務時間として扱う必要はありません。

仕事内容によっては常に新しい技術や知識の習得を行わないといけない職種もありますし、また資格取得を目標としている人が多い職場もあると思います。ではそんな職場での休日や勤務時間後の研修や勉強会は果たして勤務時間なのでしょうか。

結論から言いますと、仕事の一環として研修への参加を義務付けている場合は勤務時間=労働時間になり、出席を完全に任意としている場合は勤務時間にはなりません。
出席が従業員本人の意思で決定でき、参加しなくても問題の無い研修ならば、それは勤務時間にはならないと考えれば良いでしょう。

ただし出席しないことによって
○ボーナス査定などの人事考課で不参加者にマイナス評価がなされる場合
○業務に関する打ち合せを合わせて行っている場合
○業務に関する方針が伝達される場合
○参加しない者に対して嫌がらせや誹謗中傷があるなど日常の業務遂行上不利益が生ずる場合
以上のように「仕事に支障をきたす」、「仕事にマイナスになる」、「評価が不利になる」など、「事実上の強制」がある場合には労働時間と見なされますので注意が必要です。

例えば、自主的な資格取得研修のようなもので、「資格を取っておくと仕事の上で役に立つかも」という勉強会程度であれば、それは労働時間としてカウントされなくても法的な問題はありません。


労働問題、労務トラブルは問題が深刻化する前に、できるだけ早い段階でご相談いただくのがベストです。御社の業務内容に則した内容をアドバイス致します。
まずはツノダ人事まで「お問い合わせフォーム」かお電話にてお気軽にご相談ください。
青梅市、はもちろん羽村市、福生市、昭島市、立川市などJR青梅線沿線、八王子市、あきる野市など多摩エリア全域に対応致します。

関連キーワード:keyword
  • 労働問題 研修時間 強制 労働時間 残業時間 時間外勤務 

ページトップに戻る